Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明屋書店、安藤明会長ご夫妻の似顔絵を描かせて頂きました。
2009年02月19日 (木) | 編集 |
 P1040450.jpg 安藤夫妻線画データ画像小

2009年、2月11日は、明屋書店の創業70周年でした。

2月11日発行の愛媛新聞の全面広告に使用する、
安藤明会長と、奥様トシエ様の似顔絵
を描かせて頂きました。

明屋書店は、よく利用させていただいているのですが、
本店が愛媛にあるので、失礼ながら愛媛だけの書店だと勘違いしておりました。

北は北海道、南は鹿児島まで、国内最大級の書店でした。
全国15都道府県に直営71店、FC17店、合計88店にチェーン展開する国内最大級の地域書店)
明屋書店様のオフィシャルサイト

そんな大きな書店ですが、最初は1939年2月11日、
現会長の安藤明様が松山市千舟町で貸し本の店「明文堂」を営んだことに始まります。


安藤会長は、92歳とご高齢ですが、すっごくしっかりしていて元気で、とても笑顔でした!やっぱり本が大好きで、好きな作品や作家はいますか?って聞いたら、

代表作に『氷点』などがある、三浦綾子さんの大ファンと言っていました。(友人でもあるそうです。)
ちょうど、話をしていたら、窓の外では雪が舞い始めていました。

小さい頃どんな子供でした?みたいな、似顔絵とは全然関係のない質問(^^;)にも
いろいろと答えていただき、山で遊び川で遊びとヤンチャだったそうです。

「この年になって、あの頃、川や山で遊んでいた事がよく思いだされる。」と言っていました。
子供達には自然の中で遊ぶ楽しさを知って欲しい、そして読書の楽しさを知って欲しいと。


ウサギ「アマゾンやインターネットによって、書店の役割や状況は今後変わっていくんでしょうか」なんて質問にも、
しっかりとした考えを、おっしゃっていました。

会長「新聞に載せるなら、描いた人として名前入れてあげたらいいんじゃないか?」
なんて、僕の宣伝にもなるありがたい事を言ってくれました。
(※新聞に僕の名は載ってません、僕としても恐れ多いのである意味良かったです。
  ブログに書く事はOKと言ってくれました。)

で、書いていて思ったのですが、明屋書店の創業日が2月11日ですが、
安藤会長ご夫妻の結婚記念日でもあるんですね!
 (なんだか素敵です☆)


そして、先日残念なお知らせを聞きました。
突然の事でしたが、奥様がお亡くなりになったそうです。

奥様とはお会いしてはいないのですが、
ご存命のあいだに創業70周年の新聞広告掲載に関わらせていただいた事に、
残念な気持ちと、ご縁を感じさせていただきました。

トシエ様のご冥福をお祈りいたします。


椿まつりも終わり、もうすぐ春です。

明屋書店という明会長が付けられた名前の通り、明るい書店として
今後も、ますます親しまれ、成長される事を願っております。

ちょうど、読みたいブルータスがあるので、今度明屋書店に行って買わねば!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。