Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛県美術館で開催している『ジブリの絵職人、男鹿展』に行ってまいりました。
2009年01月10日 (土) | 編集 |
数日前、愛媛県美術館で開催されている

『ジブリの絵職人、男鹿展』に行ってまいりました。

観終わったあとの友達の感想が、ちょっと興味深かったです。
ブログ用トトロと 洋画劇場

2年前に描いたハウル この絵は、2・3年前にオレがチラシ観て描いたハウル



※この日記は決して男鹿さんを中傷しているつもりはありませんが、
 もしも不快になられたファンの方がいたら…申し訳ありません。

今月末には終わるので、はやく行かなきゃ―と焦りながら、
平日に行きました。

会場には平日なのに、予想以上にたくさんの人がいました!

ほとんどが女性で、小さなお子様だったので、
主婦の方が多かったのかな?


「ああこのシーン懐かしい」とか
「めいちゃ?ん」とか

「写真みたい?」とか
「ポニョ?」とか、本当に楽しそうな声が聞こえました(^^)


一緒に行った友達が、ちょっと興味深い発言をしていました。


「上手な絵だと思ったけど、失礼だけど、私はそんなに興味ないかな」と。
(トトロの書斎の絵は本の崩れ落ちそうな表現が好きと、言っていた)


おそらく、絶賛する観客が多い中、珍しい意見な気がします。


友達は、ジブリ作品を全然観ていない というのが、 その感想に至る理由のひとつかもしれない。

※あまりアニメとか観ない人だと、ジブリ作品すら観なかったりするんだなーと、オタクぎみな自分にとっては驚きでした。


「あのシーンだ!!」と、俺なんかは背景を見ると思いだします。

おそらく、観に来たお客さんもそうでしょう。

でも、映画を見ていないと、愛らしいトトロの動きや
ジジの振る舞い、ラピュタの感動を知らないと、

いわゆるただの「美しい風景画」になってしまう。


下手な例だけど、
スターウォーズ展に行っても、映画を見ていないとただのSF映画展にしか感じられなかったり。


まさかジブリアニメを観ていないとは思っていなかったので、
行く前にジブリアニメを観せていれば…
より楽しい思いがさせれたのに、ちょっと悪かったなーと思ったり。


この日記をmixiでも書いているのですが、ある友人から
「見ていなかったら見ていないで、その絵のみを見ての判断だから、正直といえば正直だね。
逆に作品があると、特に好きな作品なら贔屓目は出るだろうしね。
もしジブリ作品を見せて気に入らなかったら、もっと見ても楽しくなかったかも。
」と言われました。


男鹿さんの美しい背景画があり、

宮崎駿さんのストーリーや、キャラクター、
声優の名演技、
アニメーターの躍動感あふれる動画、
電通や博報堂の宣伝力、

久石譲さんの美しい音楽などなど……

いろいろな人々の頑張りが、才能が合体して、素晴らしいジブリアニメが作られているんだよなーと、
改めて思ったりしました。


写生の 子供さんの描いた城山の絵もユニークで素敵でした。(^^)


ああ…思い出した。

オレが19の頃に広島城を描いた事があるのですが、

「すごく上手でキレイな絵なんだけど、なんだか絵ハガキにありそう」と。

うまいと褒められたのに、なんだか…「あなたの絵は、絵ハガキレベルよ所詮」と
言われたようで、ちょっとブルーになった思い出があります(^^;)


人々を惹きつける個性を作品で出せる人ってすごいんだと思った。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。