Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】中国のIT製品情報開示制度について。
2008年09月21日 (日) | 編集 |
ヨーロッパでは、あまり報道されていないらしいですが・・・

例の来年5月から中国が導入予定の、

「中国でIT製品売りたいなら、その設計図(ソースコード)を出して。出さないと売ってはダメ!」法案ですが、

誤報ではなく、今のところマジっぽいですね。
(読売新聞の勇み足なのかな?)


下に追加記事添付してみましたが、
ATMのソースコードとか、金融の秘密にかかわる暗号情報を
中国に渡さないといけないって、怖いんですが。 (素人考えですが)

どうなるんだろ。



■予想


? 世界中から反対されて、この法案は無しになる。

? 世界中の企業が、中国から撤退。

? ジンバブエ化。


? 日本は素直に、ソースコード開示。半年以内に複製されたり、
  日本国内での犯罪に利用される。






中国のIT製品情報開示制度、ATMやPOS対象か
 中国政府が外国企業にIT製品情報の開示を強制する新制度について、開示対象の具体的な内容が20日、専門家の分析で明らかになった。

 非接触ICカードやデジタル複写機に加え、金融機関向けの現金自動預け払い機(ATM)システムや、小売店などの販売管理に使われている販売時点情報管理システム(POS)なども開示対象となる可能性がある。

 中国がまとめた対象リストは、「ICチップ用基本ソフト(OS)」「データベースシステム」「迷惑メール防止製品」「ネットワークの監視製品」など13項目。詳細はまだ明らかでないが、ATMやPOSは不正防止などの目的でICチップを使用しており、専門家は開示対象に含まれる可能性があるとみている。

 新制度は2009年5月に導入される予定。IT製品を制御するソフトウエアの設計図「ソースコード」を中国当局に開示するよう強制し、拒否すれば、その製品の現地生産・販売や対中輸出が一切できなくなる。

 中国の新規制については、知的財産の流出が懸念されるほか、日本の情報安全保障上も問題があると指摘されている。二階経済産業相も19日の記者会見で、「貿易への影響に関する懸念を持っている」と制度改善を求める考えを示した。

(2008年9月21日03時03分 読売新聞)



なかには、

技術をひとりじめしたらよくない。
皆で共有したらいい。

世界平和になるという意見もありますが・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。