Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送禁止用語とイタリア旅行計画中。
2008年07月16日 (水) | 編集 |
オレが放送禁止用語なんてタイトル使ったら、
またエロな事いうと思ったでしょ?

いえいえ、まじめな話です(^^)


虚無僧(こむそう)という言葉を
皆さんはご存知でしょうか。

ざるみたいなの被って、尺八?みたいなの吹いてたりする
お坊さんみたいな感じの人ですよね。

なんか怪しげで、近寄りがたいけど、ちょっと神々しいものを
オレは感じてた。

で最近知ったんだが、


虚無僧って、放送禁止用語なんだって!!


えええ!!っと思った。


乞食と同義語な意味合いもあるらしいので、それが駄目だって。

「虚無僧という言葉を認めたら、まるで日本に虚無僧がいるとおもわせてしまう」って・・・

おいおい!!いるでしょ!!ネットで検索しても
虚無僧してる人いますよ!!


うーん、よくわからん。


テレビがつまらなくなったと聞く。

インターネットのほうが面白いと聞く。

そこには、あれもこれもダメダメ!差別差別!!という
変なルールがありすぎるせいな気がする。



火薬の量は少なく!危ない。
お笑い芸人が、体を張った芸なんて見せれない。

・・・・


「婦人会館」という言葉も放送禁止なんだそうだ。

婦人という言葉が、掃除婦という差別用語を想起させるからって。


うーん・・・掃除婦って差別か???

家政婦さんっ差別なの???

婦人会館という言葉は、「女性会館」という風に改められている。


看護婦という言葉も差別用語だよね。看護師じゃないといけない・・・


最近ネットで出てたけど、「俺」という言葉も子供に教えていいかどうか、悪影響だのなんだのでちょっと揉めてるとか。


オレオレ詐欺とかのせいか??

「嬉」という言葉も、常用漢字からはずされたそうだ。

女へんに、喜ぶと書いてるのが差別だとかそういうことなの?



学者がどうこう言っても、言葉は大衆が生活の中で育んでいくから、
嬉しいという言葉も無くなりはしないと思うが。


なんか不思議だ。



俺は、古い人間かもしれないけど、男は仕事、女は家事っていうのが
好きだ。

これは好みだから、女が仕事、男が家事というライフスタイルも
尊重すべきだと思うが。

ずっと家の中で狭いコミュニティでの生活を強いられる主婦というのは
とっても窮屈に思えて、かわいそうだから、パートしたり習い事したりは素晴らしいと思う。うん。


どっかの調査で、 「ニートは男性ばかりなのはなんでですか?」

という質問があり、調べた結果、比率は半々だったそうだ。

女性のニートは、家事手伝いというジャンルがあるからOkという事らしい。社会が許容していたから。

男が働かないとはどういうことか!!と、いう視点からとらえると、
ニートは男性ということになり、男性ばかりとりあげられる。


・・・男は働くべきという俺の好み。これもこういう
男性に必死で働け!社会からはみ出したら、価値は無い!!という
無言のプレッシャーの一端を担っているのかもしれない。





俺はちょっと変わった生き方を、今年の9月からしようと考えている。


虚無僧になる!!










それは、嘘だがww


ちょっと、今の状態・環境を変えていくことにします。


自宅には、いままでノートPCしかなかった。
(デザイナーなのに、プリンターすら無かったw)

ここにきて
24インチのディスプレイも買ったり、

知り合いのパソコン屋さんに頼んで、オレ用のパソコンを組んでもらっている。(といっても、そんなに高スペックでもないけど、CPUが4ギガ程度)


いろいろな世界を観たいと思います。



東京にも行くし、

海外にも・・・今年中にイタリアに・・・まー所詮は観光ですが、行きたいと思います。 いわゆるアートってものにも触れてみたい。


そんな感じ。




自由と同時に、野垂れ死にする可能性を手に入れる。



変わってやる。



と、ギラギラした感じもありつつ、のほほ?んともしつつww



一度っきりの人生だ。


もっと、自由に生きようと思う。




ボロボロになって俺が泣いていたら


指差して「ざまあみろ」と笑えばいい。





あ、なんかちょっと80年代ソングみたいw

かっこつけたロッカーの歌みたいだ(^^;)



そういう感じの今日この頃。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。