Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道に猫の死体があったので松山市の保健所に電話してみた。すると・・・+猫と犬の死体と虫の死骸の境界線+ゴーマニズム宣言のチベットの民族浄化・・・
2008年04月01日 (火) | 編集 |
チベット関係の日記を書こうと思います。
ゴーマニズム宣言かじった程度の知識で書くのはどうか・・・と思いますが、続きにちょっと書いてみます。


で、今日体験したお話。

朝出社したんですが、会社の駐車場の側の道(農免道路)に猫の死体が横たわっておりました。
まじまじとは見てないんですが、車にはねられた感じでした。



朝礼後、どうにかせんとな?と思い、まず思いついた松山市の保健所に電話をしてみました。

電話に出てくれた女性に「ネコの死体が道に・・・」と言うか言わないかの所ですぐに

「はい、担当の部署におつなぎします」と、すばやい対応。

5秒程待つと、別の女性が出ました。「すいません、ネコの死体が道に・・・」そういうと

「ネコの死体ですか?場所は松山市でしょうか?」と。(確かに、東温市とかなら管轄外だもんね)

「はい、来住町です。」 女性「少々お待ちください。」・・・20秒ほど待つと、男性に変わる。そして、

「すいません。道で死んだ動物の管理は、ゴミ扱いとなりますので松山市の清掃課にご連絡してください。電話番号は089?921?5516です。」

とのことでした。 「ゴミ扱いになりますので」という言葉に少々違和感を感じつつも、(生き物も死んでしまえばゴミ・・・)それも仕方がないよなと思ったり。

で、オレは松山市の清掃課に電話をかける。「ぷるるるる・・・・・ぷるるるる・・・・」



出ない。


いっこうに出ない。


これが世に言う・・・・・・たらい回しか!!!!!!と思ったりもしていたが、もう少し粘ってみた。


松山市関係だから、すぐにでるはずだけどな?と思いながら30秒ほど待つと、さわやかな声の男性が出てくれた。

「あ、すいません。来住町の農免道路にネコの死体が・・・」すると、「ありがとうございます。はい、こちらで承らせていただきます。詳しい場所はお分かりになりますでしょうか?」

すごくハキハキした気持ちいい対応でした。(ありがとうございますと言われたのがちょっとびっくり^^;)


オレ「アーバンホテルの南で、東側の車線です。」「アーバンホテルは存じております。大体でいいのですが、アーバンホテルから何メートル南でしょうか?」

そんなやり取りをして、もし見つからなかった場合のみかけますので、お電話番号をよろしいでしょうか?と言われ「090?11・・・・・・佐伯です」と告げた。


帰りにそこを通ったら、ちゃんと猫の死体は無くなっていた。

人が嫌がる仕事をちゃんとやってくれて、ありがたいと思いました。




ふと思った。電話でオレが「犬の死体が・・・」と言ったらどうなるだろうと。
きっと同じ対応をしてくれる。

じゃあ、「鳥の死骸」ならどうだろう?憶測だけど、カラスとか大きな死体なら処理してくれる気がする。
でも、スズメの死骸みたいに、小さいのだったら対応してくれるんだろうか?

小さい鳥の死骸は側を通っても、あまり気にならないので電話する人もいないだろうけど。


ねずみやハムスターの死骸はどうなんだろう? 「猫と犬専門なんです。」などとは清掃課の人も言いづらいだろうから、一応行くんだろうか?

カブトムシの死骸が!とか、クモの死骸が・・・なんていうのは、きっと断られるだろう。


ごくごくありふれている死骸だし、側を通っても気にならないから。



もし、人が倒れていたら・・・・・・もちろん、そういう時は「警察」に通報ですね。



犬や、猫でなく「熊」とか「ワニ」とか獣が倒れていたらどうなるんだろう?

清掃課の人もすぐに返事できないんじゃないかな。熊なんて死んでるかどうか確かめるのが怖いしね。


道路で死んで 「ゴミ扱いされる生き物と、ゴミ扱いすらされない生き物」その境界線はどこなのだろう、
そんな事を思いました。

その生き物の知的レベルの差というより、単純に大きさが基準になっているような気がしました。



でも、あの猫・・・もし、どっかの誰かの飼い猫で、たまたま遊びに出ていてはねられていたのだとしたら・・・

飼い主さんは今頃探しているんだろうな・・・愛する猫ちゃんを、ゴミ扱いされた事を知ったら悲しいだろうな。






そして、中国がチベットでゴミ扱いしているのは人間だという・・・ゴーマニズム宣言によると、
僧侶に道端で排泄物を食べさせたり、えぐい拷問したり・・・


ゴーマニズム宣言の情報が正しいのかどうか判らないけど、本当だとしたら・・・

フテキセツなブログさん

↑こちらでゴーマニズム宣言のその残酷なチベットの内容がみれたりします。

※ゴーマニズム宣言・・・一時期買ってたけど、最近そういえば買ってなかった。

チベットの民族浄化・・・・か。



中国共産党の思惑通りに動いているんだろうね。



はい、全然知識無いのにこんな日記を書いてすいませんでした。

でもこれ、小林よしのりさんが書いたのって確か何年も前なんですよね。たしか・・・2000年ごろ。


そのころ、オレは中国がチベットでそういうことをしてるなんて、ちっとも知らなかった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。