Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006宮島水中花火大会
2006年08月16日 (水) | 編集 |
宮島の花火大会の感想です。

おもいっきり手振れしまくりで見辛いですが、良かったら覗いていっていただけると、うれしいです。来年とかもし行かれる方がいたら参考にしてください。

続きをみてくださいね。

DSC02440.jpg

DSChanabi001.jpg


松野町からそのまま、次の目的地、広島に向かうためフェリー乗り場へ(松山観光港)。DSC02403.jpg

DSC02405.jpg

縁の下の力持ち、スタッフの人のお盆返上のがんばりのおかげで、オレたちは旅ができる。ありがたいですねー。DSC02408.jpg
途中呉港によりました。

呉といえば自衛隊の船があったりします。
DSC02411.jpg

そして、造船の町…あんな大きな船を作る技術はオレには想像もつかないけどすごいです。DSC02413.jpg

DSC02416.jpg

海を渡ること2時間弱…広島です。広島は主要な道が広くて、街路樹も整備されてて素敵です。DSC02422.jpg

DSC02426.jpg

DSC02428.jpg

パルコ前で、以前来たときはなかったぬいぐるみ屋さんがありました。
癒されましたよ。

広島に来たからにはやっぱり「お好み焼き(広島風)」ということで、お好み村?へ行きました。並ぶのは覚悟してましたが、暑かったのでしょっとしんどかったいです。少しokonomi.jpg


DSC02432.jpg

DSC02433.jpg

村長の店という「本家」「元祖」的お店にいきました。カウンターで焼いている料理人たちのすばやいヘラ捌き…コテ捌きかっこいいです。
DSC02434.jpg

まず、海のミルク、広島名産のかきを頂きました。ムチャうまいです!!
DSC02436.jpg

DSC02437.jpg

そして、お好み焼きを。かなりボリュームがあるので二人でひとつでもちょうどいいと思います。生地よりも麺が多い感じなのですねー。

おいしいです。ソースもこのお店オリジナルで。王道の広島風というかんじなのでしょうねーここのは。DSC02440.jpg


そして、ここから電車に乗って、宮島まで。(電車で1時間くらいかな?)DSC02446.jpg

DSC02447.jpg
宮島へは小さなフェリーで渡らないといけません。フェリー会社はJRさんともうひとつ、大松…そんな名前のとこがありますので、切符はよくみて買いましょう。並んで並んで「あ、その切符ならむこうだからもう一回向こうに並んでください」ということになりますので。

宮島は、京都や奈良のような感じです。鹿もいっぱいですしw

DSC02450.jpg


柵の向こうにある椅子は予約席のようです。お金のある人は予約するのがいちばんかもしれません。
DSC02453.jpg

DSC02457.jpg


みんな暑いので、小さな小川に足をつけていました。冷たくていいです!!
DSC02464.jpg

DSC02465.jpg


日本で有数の(確か一番とか)カメラマンが録りにきたがる花火大会なのでプロやアマのカメラの数がすごいことになってます。
DSC02469.jpg

DSC02474.jpg

DSC02477.jpg

夕暮れ…すごく風情があります。
とってもきれかったです。あと、宮島の鳥居はそうとう大きいです!びっくりです!!あんな木材…大木がよくあったなーと思いました。DSC02480.jpg

チラッと雨が降りましたが、何とかやんで…

始まりました。DSC02495.jpg

DSC02497.jpg

DSC02499.jpg

DSChanabi001.jpg

圧巻です。最初はちょっと地味ですが、ラストの迫力はすごいですねー。あと、演出としてのBGMも日本らしい雰囲気の音でよくあってました。

ただ、簡易の椅子か、シートはもっていって座れるようにするべきですね。あと、少し早めに行き前の方のよりよい席をとるべきかと。

コツはカメラマンが集中するところは基本的にいい場所です!

konzatu.jpg

で、帰りですが何万人もがいっせいに船着場へ移動するので死ぬほどの大混雑です。

人の熱気と子供の泣き声、怒号、笑い声、愚痴とかが駆け巡り、足元には一部の人が捨てるゴミがあって、フェリー待ち時間1時間とかをその状態でした。けっこうきついので、体力に自信のない方は宮島内で旅館をとるべきでしょうね?。

フェリーに乗れても、そっから広島駅まで電車で1時間…けして楽ではなかったです。ずっと、立ちっぱなしでしたし、オレは。

そんなわけで、むちゃくちゃしんどかったですが同じくらい幻想的ですばらしい花火でした!!

注意:もみじ饅頭をおみやげにされるかた。常温で10日間が賞味期限らしいです。

あと、定番過ぎるお土産なので避けられる不人気な土産になる可能性がありますよ!(オレの実家みたいにw)

それでは、長くなりましたが感想でした。
あなたの旅行の参考になったらうれしいです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。