Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息ができないって、苦しい。
2008年02月28日 (木) | 編集 |
皆さんは、息何分止めれますか?

だれしもチャレンジしたことがあると思います。

そういえば、江頭2:50が、水中にもぐって4分台をたたきだしたことは伝説になってますよね。



昨日、寝る前に俺なら何分止めれるんだろ?と、挑戦してみたんです。久々に。






小学校のときは1分止めれなかった。

ベットによこになって、左手で鼻をつまみ・・・目を閉じ・・・

深呼吸をして、何も考えないようにして・・・(脳が酸素使うの抑えたいし)




心を落ち着かせて 



スタート
















余裕













うん















うん・・・














チラ(時計を見る、1分経過)





















ぐ・・・
















ぐぐ・・・・・














チラ(時計を見る、2分経過)






んんんん・・・









んんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!







ぶはっ!!!!!!!!



時計を見る。


2分30秒!


お、結構長いかも♪と思った。

まー、完全に精神が落ち着いている寝る前、

静かにできる状態、動いてもいないし、水圧も無い・・・




そういう好条件での2分だから・・・たいしたことは無いんだろうな。






ちなみに、世界記録は8分台だそうです。








息を止めていて思い出すのは、20世紀少年のオッチョのシーン。



地下トンネルのシーンと、滝に落ち もがいてもがいて 

光に向かってあがいていたシーン。



あそこから、オッチョはタフに変わっていった。





しかし、




息ができないって、苦しいですね。





息止めの果てに、人は何を見ているんだろう。




何か悟れるのかな?


悟れそうな気がするんだけど、きっと勘違いなんだろうなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。