Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記みてきました。
2006年07月31日 (月) | 編集 |
ゲド戦記みてきました。衣山で。三津の花火がドンドコと館内まで響き渡る珍しいシチュエーションで(笑)ネタバレは具体的なことはしてませんが、すこし雰囲気ばれるので嫌な人は続き観ないでください。
で、ゲドです。オレはジブリのファンです。

トトロもあんな地味なテーマ、敵もいないのに面白くふくらませれて大好きだし、耳をすませばもだいすきです。カリ城はDVDもってます。

ナウシカとラピュタはオレの体の一部です。(おおげさw)

もののけと千は、アニメ表現の深さを見せ付けられ尊敬してます。
ハウルは…最初の浮くシーンが好きですが、終わるにつれどんどん不満が……おそらくみんなそう思うことでしょう。

ゲドです。正直いろんなサイトで最悪、見ないほうがいいという意見見た後にいったので感想としては「そんなに見れなくもない」です。
…オレごときが偉そうに上からの目線で言うのはおこがましいのは、百も承知ですが、言わせてもらうと

?主人公にパズーやナウシカ、ルパンのような活躍を求めていない人。
?敵がクシャナやクロトワみたいな魅力的な悪役がいなくてもいいと言う人。
?セリフが多くて、説教くさいのが好きな人。
?ジブリの原画マンや背景が大好きな人。
そういったひとなら満足だと思いますが、オレみたいなラピュタでのパズーが炎に包まれた要塞にフラプターで果敢に乗り込みシータを抱きかかえる姿にしびれるような…そういうのが好きな人にとっては、退屈だと思います。ハウルといい勝負かな。間違いなく小学生はつまらないと思うし、大人向けかというと中途半端かと。

アニメ文化とかいっても、宮崎駿さんがいないとジブリのレベルがこうもかわるなんて…レベル上がってるのかな?オレの理解力が落ちてるだけなのかな?

背景や絵がいくらきれいでも、ストーリーや人物の心の背景、葛藤、その葛藤の理由そういうのがないと、きれいな絵だったねーで終わってしまい3日後には忘れ去られる。

いい勉強になりました。(かといってストーリーとかがしっかり練りこまれていたら絶対面白いかというとそうでもないのが面白いとこですよね)     ……ゲドの大ファンの人にはマイナスレビューで申し訳ないです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お初です
同じ猫の日生まれのブロガーさん発見!
と言っても私の方がだいぶ年上ですが

駿氏がノータッチで創られたジブリ作品では「海がきこえる」がいいですよ。冒険活劇ではありませんが「耳をすませば」もお好きだということなので。監督は望月智充さんです。
2006/08/05(土) 01:04:56 | URL | ねこだましい #i1jUUG.6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。