Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は見かけです。
2007年04月13日 (金) | 編集 |
いきなり「え?」と思うかと思います。何をいってるんだおまえは!

人は中身だろう!!内面だろうが!!…と怒る方もいるかもしれませんね。

ただ、ミクシーで面白い意見を拝見してなんだか納得したので
こちらにも転載いたします。文章を書いた方は友人にもぜひ広めてくださいってかかれてたので
ブログに載せるのは大丈夫だと思います。

ミクシーのコミュニティーにあります。ミクシーのアドレスある方で、面白いな?と思われた方は
コミュに入会してみるのもいいかもですね?^^ここの管理人さんの意見はいろいろと面白いです。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1785765

続きにその俺が面白いと感じた意見を転載しております。





「人は見かけじゃない」とか「人は見かけによらない」とか言います。
先に結論を言っちゃいます。間違いなく 「人は見かけ」 なのです。
科学的にも精神学的にも解明されつつある事実なのだそうです。

人は他人を認識する時、第一印象でそのほとんどを感じとります。
その人の「見ため」や「見かけ」のみで判断する事が知られてます。
だらしない格好の人、汚い不潔な人、スウェット上下、ヤンキー服…
その格好1つでその人の性格やセンス、言葉遣いや生活態度、
連れの彼氏彼女やツルむ友人などまで、おおよそ分かってきます。
しかもその想像のほとんどが当たっている事が多いのでは?

自分も仕事で毎日「数百人の他人」に接する仕事をしていました。
コンビニやスーパーのレジなど経験ある人もお分かりですよね。
印象が悪く不快な外見や雰囲気の人ってほぼ間違いなく嫌なヤツ。
態度も悪く、言葉遣いも悪い。初めて逢った他人を見下しますし。
対人マナーが悪い人って、服装や外見もマナーが悪い事が多い。
人に不快感を与える服装、外見をしている事も分かってませんから。
外見とは内面が見事に現れるもの。内面が出るものなのです。

服装だけではなく顔の表情もそうです。
眉間にシワがよって常に怒ってるような顔の人っていませんか?
いわゆる怒りジワ。人間の顔ってシワで表情が形成されてるんです。
四六時中、怒ってばかりいると形状記憶のようにシワが定着します。
常に不満だらけ。すぐキレる。怒鳴ったり、逆上したり、怒りっぱなし。
自分の非は認めず、すぐ人のせいにしたりして理不尽に怒ってます。
そんな、どーしょもない人生を送っているのが全て顔に出てきます。
クチうるさそうなおばちゃんに、すぐキレそうなおっさんとかね。
こういう人に話しかけてもムスッとしてますし、会話もはずみません。
不幸そうな人も同じ。口角が垂れて死相すら出てそうな人います。
毎日マイナス思考で笑う事もなく不満そうに生きてるとそうなっちゃう。
こんな人たちは怒りや不満や不幸をどんどん呼び寄せてしまいます。
何かを変えない限り、死ぬまでどーしょもない人生でしょう…

逆に優しそうな顔の人は常に優しい表情が定着しているんですね。
怒りジワの反対に「笑いジワ」というものがあります。幸せジワですね。
いつも笑っている人、人生を楽しんでる人は明るい表情になります。
その表情が、笑いや幸せを呼び込む相になっているのです。
良い仲間が集まり、笑顔が絶えず、人にも恵まれるでしょう。
ズバリ、顔も 「見ため」、「見かけ」なのが分かります。
顔はその人が今まで生きてきた「年輪」を刻むものなのですから…

外見、服装、表情だけでも「見かけ」が大切という事が分かりました。
では何故冒頭に書いたような「人は見かけじゃない」ってな事が
あちこちで言われるのでしょうか・・・?答えは簡単。「錯覚」です。
例えば第一印象がもの凄く悪かった人がいたとします。もう最悪。
普通は近寄りません。その時点で「嫌い」という感情が強いので。
ですが、仕事などでその人と付き合っていかなければならない時、
最悪だった第一印象に比べたら「ましかな?」と思う時があります。
「もっと嫌なヤツだと思ったのにそうでもない…」という複雑な感情。
普通の人や良い人に比べたら勿論悪いんだけど思った程じゃない。
そんな時「見かけによらない」って言葉が出てきたりするんですね。
中身もまあヒドいけど外見ほど最悪ではないか、という「錯覚」です。

逆に第一印象が非常に良かった人なのにミスばかりでどんくさい。
そんな時も「もっと良いヤツかと思った」「もっと出来ると思った」
という期待を裏切られた感が「見かけじゃないんだ」と思わせます。
これも「錯覚」です。過度の期待をかけてしまった方も悪いです。

あとはおバカさんの言い訳か、負け惜しみですかね。
スウェット上下でバカ丸出しで巻き舌でダベってるアホな若造。
「見た目ほどバカじゃねーぞ」、「悪そうにしてるけど本当は優しいぜ」
などをアピールしたい時です。「うちの彼氏怖そうだけど優しいよ」とか
「バカそうだけど可愛いぜ」とか「自己中っぽいけど尽くすタイプだよ」とか。
「こう見えても・・・」ってやつですね。だったらちゃんとした格好しろ、ばか。

まとめます。持論としては私服もある意味ユニフォームだと思ってます。
野球選手やサッカー選手、パイロットや宇宙飛行士、登山家に釣り人。
パッと見ただけでも、すぐ何をしてる人か分かるじゃないですか?
その格好=職業、みたいに。自分を演出してる部分もあると思うんです。
極端に言うと私服もそれと同じだと思ってます。自分を演出する為に着る。

ヤンキー服を着る人はやはり周囲に「そう見られたくて」着てるのでしょう。
ガテン系ダボダボ ズボンなんかも、「そんな自分」を見せたいのでしょう。
スウェット上下もそう。傍から見れば無個性で自堕落でバカな格好ですが
本人はそれを着ることにより周囲に何かをアピールしているのでしょう。
いわゆるアキバ系という人も、それっぽい服を好んで着るのでしょうし
服装に無頓着な人は無意識に「無頓着」を外見でアピールしています。
ROCK好きならROCKっぽい格好、あとパンクスとかメタル兄ちゃんも。
最近ではNANA系やロリータ系の方のアピールも目立ちますね。
白T-シャツにブルージーンズなんかも、何か感じるものがあったりする。
全て周囲にどう見られるかを分かった上で選択している格好なんですね。

「人は見かけです」 という以上にまず 「見かけ」 をアピールしてるのです。
ただ自分が意図したアピールが他人の認識と違う場合が多々あります。
本人はカッコいいつもりだが他人は「究極にださい」と思ったり。
本人は強さをアピールしてるつもりが詐欺師風チンピラ服だったり。
そんな誤った認識の違いがバカな服装やファッションにさせるのです。
それもひっくるめて「センス悪さ」や「認識不足」まで外見で分かる。
アホな格好をしてるヤツはアホ。悪そうな格好をしてるヤツは悪いヤツ。
簡単に見分けがつくようです。「それは違う!」 というなら着替えましょう。
全ては中身の問題です。人間は中身が全てです。外見は二の次。
でも内面を磨くにはまず外見から変えて行くというのも1つの手でしょう。

最後に補足としてテレビで見た警察官の話を書いて終わりにします。
最近は職務質問とか補導などで警察官が一般人に声をかける時、
まず 「見ためや見かけの悪い人、悪そうな人」 から声をかけるそうです。
それで多くの軽犯罪者が捕まり、検挙率も格段にアップしたそうです。
「悪そうな格好のヤツ=悪いヤツ」 という事実が最近特に当てはまるとか。
そんな現実を前に 「人は見かけじゃない」 はもう時代遅れの言葉。
人は見かけなのです。意識、無意識に関係なく外見に出るものなのです。
「人は見かけによらない」 も死語になりつつあるのかもしれません。

いや、それでも 「人は見かけじゃないぞ!」 という人、
やっぱり 「人は見かけだよ!」 と言う人、意見を闘わせてみては?
気軽に登録して下さい。画像を置きたいだけの人なんかもどうぞ。



というコミュの説明でした。いや?面白い!!mixiはこういう面白い意見を得ることができるし
その意見主と友達にもなれる可能性があるというのがいいですね?♪

ま?昔から言われてますが、内面が外面にもにじみ出るのでしょうね?きっと。

ふと思ったのですが、目が見えなくなったら外面に惑わされないで内面の相性で人付き合いを構築していきますよね

確かめようがないですが、目が見えないで作った人間関係と目が見える状態で作る人間関係は違ったものになるのでしょうかね?どう思います?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チャップリンの街の灯でも見てみてはいかがでしょうか
2007/04/15(日) 14:08:03 | URL | 星 #-[ 編集]
■星様へ
コメントありがとうございます。街の灯はとても美しいお話ですよね

19歳の時にレンタルして観ました。

浮浪者のチャップリンが盲目の美しい花売りに一目ぼれをして、話が始まりますね。 現実にあったらとても良い話だと思います。

矛盾してると思いますが、「人はみかけ」とかきましたが、「人は中身」だとも思ってます。中身が無いと見かけをどんなに着飾ってもすぐにボロが出るはずです。

ただ面白いなと思ったのは、人は無意識にでも意識的にでも
外見でだいたい「こういった人物であろう」と想像してから付き合おうとしてそのギャップで良くも悪くも感じるという所というか。

チャップリンにしても外見が美しい花売りに恋をした

物語の最後に花売りは外見がみすぼらしい浮浪者が哀れにおもった

しかしその哀れに見えた浮浪者は自分の為にいろいろとしてくれた恩人だと気付く…

……やっぱり内面が大事ですね^^;

ごめんなさい。自分はこのコミュの説明のどこに面白さを感じたかと言うと「外面である!」に共感したのでなく、「人は外見からだいたいの内面を想定する」という考え方でした。

紛らわしいタイトルで申し訳ないです。
2007/04/15(日) 14:34:23 | URL | 佐伯ウサギ #-[ 編集]
いえいえ

文章自体は僕も大変共感いたします

人は見た目です
人間性とはセックスできませんからね
2007/04/16(月) 04:25:25 | URL | 星 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
mixiで不労所得300万!初期費用0円でど素人でも片手間でできる驚愕の裏技!
2007/04/13(金) 04:43:00 | mixi ミクシィの裏技情報・招待サイト
突然のトラックバック申し訳ありません。アルバイト 求人情報 を発信しています。宜しくお願い致します。
2007/04/13(金) 12:08:12 | アルバイト 求人情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。