Google
愛媛県松山市在住のイラストレーター&デザイナーのブログ…※現在は、別ブログがメインブログです。 僕については、とりあえず右のプロフィールをご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chinai kyosuke智内兄助展―空の崇(たか)みへ 海の深みへ
2007年03月13日 (火) | 編集 |
とある記事で

「4月28日?6月10日の間、愛媛県美術館にて開催される『智内兄助展』の一環として、 近藤等則・智内兄助共作の絵本「ぼくがうまれた音」出版を記念してのトーク&ライブが開催されます。日時:4月30日(月・祝)13:30?15:15 会場:愛媛県県民文化会館サブホール 入場料:¥2000(智内兄助展観覧券を含む)」

とあったのですが……本人が来るんですよね??違うのかな??なんにせよ楽しみです☆

智内氏の描く妖艶な人物を生で観てみたいです^^

本展は、智内氏の凱旋(がいせん)帰国後初の本格的展覧会だそうですよ♪

皆さんも是非行って生で作品を見ましょうね☆



えっと……

智内兄助氏は和紙にアクリル絵の具という革新的な絵画表現を作り上げた、今治市波方町出身の洋画家です。安井賞展特別賞、東京セントラル美術館大賞などを受賞、1992年には、宮尾登美子の新聞連載小説「蔵」の挿絵を担当し、その人気を不動のものとしました。その後、活動の舞台をヨーロッパへと広げ、パリを中心に作品が高く評価されています。
 本展は、智内氏の凱旋(がいせん)帰国後初の本格的展覧会です。初期作品から近作まで約100点で構成します。ぜひご期待ください。
 【とき】4月28日(土)?6月10日(日)※月曜休館。ただし、4月30日(月・祝)、5月7日(月)、6月4日(月)は開館、翌日休館
 【ところ】愛媛県美術館(松山市堀之内)
 【観覧料】一般800円(1000円)、高大生500円(700円)、小中生200円(400円)。カッコ内は当日料金。20人以上の団体、高齢・障害者は前売り料金で当日入場可
 【関連事業】=智内兄助・近藤等則輝く二人のトーク&ライブ=同郷で、世界的に活躍中のトランペット奏者、近藤氏と智内氏によるトーク&ライブです。入場料は2000円(当日は2500円。ただし、智内兄助展の観覧券を含む)
 【前売り券販売所】愛媛県美術館ミュージアムショップ、愛媛新聞社事業部(支社・エリアサービスは取り寄せ)、南海放送営業開発局事業部、いよてつ高島屋、松山三越友の会、フジグラン県内各店、レデイ薬局、明屋書店、丸三書店、紀伊國屋書店松山店、宮脇書店、Aコープ県内各店、コープえひめ生活・文化サービス、ほかポスター掲示場所
 【問い合わせ先】「智内兄助展」実行委員会事務局(愛媛新聞社内)=電話089(935)2355へ
 主催 愛媛県美術館、愛媛新聞社、南海放送

だそうですよ。(記事ソース元:愛媛新聞ON LINE)http://www.ehime-np.co.jp/rensai/syakoku/ren042200703018652.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本人来るみたいやねー
絵についての話しとかも聞けるなら行きたいなぁ
2007/03/14(水) 22:24:30 | URL | サクラックス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。